ひろひろ草

日々の生活のこと、会社のことなどいろいろと書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大変お待たせいたしました。

これまで麻のスリッパ「さふら」は
当社あてメールか直接お電話にてご注文いただいておりましたが
西麻布の「MITATE」さんでお取扱いいただく事になりましたのでお知らせいたします。
実際にさふらを手にとってご覧いただけますので
どうぞみなさま、「MITATE」さんにお運びください。

MITATEさんでは
いつもとても素敵な展示会が行われていますが、
現在、下記のようなわくわくするイベントが開催中です。
素敵な布や糸、手から生み出されるもの、
好きな方にはたまらないと思います。



MAKI TEXTILE STUDIO 手からうみだされるもの
6/5(Fri)~6/18(Thu)
11:00-19:00
※初日は13時から、最終日は16時まで
月曜定休 入場無料

真木千秋さんがインドで仕事を始めて、もうじき三十年。
六年前にインド北部の州に構えたganga工房では、
染織・縫製などの仕事と並行して、周囲の土地を耕し、
種をまき木を植えて育てた染料植物や野菜が少しづつ収穫できるようになりました。

自らの手で養蚕した繭から糸を挽いたり、真綿にして紡いだりと、糸づくりも無限に広がります。

自然の恵みと忘れかけている人の知恵と手わざを拾い集め、
毎日の暮らしの中で心地よい衣や布づくりを目指しています。

その風合いを手で触れて、身に纏ってみることで、
一枚の布の背景にある空気を感じていただけらた嬉しく思います。


場所はギリシャ大使館のお隣です。
いつ行っても興味深いものたちが待っています。

見ているだけでもとても面白いおみせです。
スポンサーサイト
横浜高島屋さんの催事、
紅花の山形路物産と観光展が6月2日に終了し
3日夜、無事に山形に戻りました。

ご来場いただきましたお客様、
お買い求めいただきましたお客様、本当にありがとうございました。

今年は
麻のスリッパ「さふら」を
読売新聞の夕刊に取り上げていただいたこともあり
より多くの皆様にスリッパをご覧いただく事ができました。

実際に展示会に立ち、お客様の生の声をうかがうたびに
お客様が何を求めているのか
今後どのようなものをデザインしていけばよいのか
いろいろな方向性が見えてきます。

それを踏まえて
これからまた履き心地のよいスリッパや
素敵なこものを作っていきたいと思いますのでどうぞご期待ください。

IMG_1859.jpg

この画像はHAKAMAJITATEとKINUHAKIの展示風景です。
今回は新たにリュックを販売させていただきましたが
しっかりした袴の生地ととても軽い仕上がりでとても人気でした。
また信玄袋にも興味を持っていただきました。

この信玄袋、
着物をお召しの際はもちろん
お祭りではっぴをきた腰に下げても粋ですが
大事なパスポートや通帳などを入れてバッグに入れていただいたら嬉しいなと
ひそかに思っていたのですが
何人かのお客様からそのように使いますという事でお求めいただいた時にはとても嬉しくなりました。

⇒続きを読む

hirohiro001

Author:hirohiro001
ひろひろ草

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

日記 (50)
会社 (69)

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。